2/18に、東京ビックサイトで開催された住まいの耐震博覧会 2018 東京に行ってきました。

 

住まいの耐震博覧会ということで、耐震に関する展示、企画が多くありました。

大地震(熊本地震)を体験できるコーナーでは、多くの人が並んでいました。

私も体験しましたが、手摺りに掴まっていても揺れが激しく、普段の生活でいきなりこんな揺れが来たらとても立っていられないと思います。

 

その他、各社のいろんな建材が展示されていました。

外壁のニチハのFugeや

 

Woodoneの無垢の木を使用した製品など、弊社でも使用している製品が多く展示されていました。

 

中でも人だかりができていたのが、静岡出身のピエール瀧さんがCMをしているLIXILのトイレです。

ながくキレイが続く100年クリーンのアクアセラミックについて、イケメンの男性スタッフが説明していました。

 

便器を上(擬似汚物、油汚れ)から下の水に移動させただけで、アクアセラミックの便器はほとんど汚れがなくなります。

水あかも付きにくい、という説明でした。

毎日使うトイレですから、お手入れが簡単でキレイな状態がながく続くのはうれしいですね