現在、A邸の工事を行っております。

写真は基礎の型枠の写真です。今回の基礎は耐圧盤(広い部分)と立上り(狭い部分、土台が載る部分)の外周のコンクリートを同時に打設します。

同時に打設することで継ぎ目がなくなりますので、雨などが浸入しづらくなる効果が期待できます。

 

内部の立上りを同時に打設すると基礎の水平の精度が悪くなる恐れがあるので、今回は外周のみとしています。