A邸ではエコキュートを導入しています。

エコキュートというと省エネというイメージですが、導入時にはお湯を貯めるタンクの容量をいくつのものにするかが悩みどころでもあります。

メーカーで家族構成に対するお勧めの容量を提示していますが、けっこう幅があります。

 

A邸では370Lのタンクのエコキュートを導入しています。

単純にお湯370Lというと「浴槽いっぱいで250Lくらい使うし足りないんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、タンクの容量=使えるお湯の量ではありません。

タンクには80℃~90℃くらいのお湯が入っており、使う時に水と混ぜて、指定した温度になって出てきます。

なので、単純に計算すると水道水が0℃、タンクのお湯が80℃、使うお湯が40℃の場合は370Lの倍の740Lが使えることになります。

(実際は水道水が0℃ではないですし、タンクもお湯で満水ということもないでしょうし、いろいろな条件でもっと変わってくると思います。)

 

A邸で37度(ちょっと低め)のお湯を浴槽に120L(少なめ)に入れて、シャワーを一人分くらい使うと、お湯の量を現すメーターが4マス(満水)から3マスに減ります。

なので、お湯の量はまだまだ余裕があります。

今のところ、3マス減ったことはありません。

冬になってキッチンでお湯を使うようになったり、水道水の温度が下がったときにどうなるか、半年後くらいにもう一度確認したいと思います。