団地の工事をしていると入居者の方からお話をいただき、新たな工事になることもあります。今回の件もそんな感じで始まりました。

01_s

写真は道路から建物に入るところの曲がり角です。

車道(写真左端)の横に側溝があり、建物側の雨水が流れるようになっています。

この部分に20cm程度の段差があり、今まで何人も転んで怪我をしているということです。

自転車で転ぶ場合もあるらしいので、大怪我になってもおかしくありません。

ということで、この段差を解消する工事を行いました。

 

 

02_s

段差をなくすには埋めてしまえば良いのですが、単純に埋めるだけだと雨水が流れなくなってしまいます。

まずは排水用のパイプを設置します。パイプの先は側溝の下に刺さっています

 

03_s

その後にコンクリートで穴を埋めれば完成です。

排水口に向かってなだらかに傾斜をつけて、雨水が流れるようにしています。

雨が降った後に見に行ったところ、水溜りはなかったのでうまく流れているようです。

 

これでここで転ぶ人はいなくなるはず!