以前、浴室をリフォームしユニットバスにしたお客様より
「浴槽の排水時にゴボゴボ大きな音がする」と言われ、調査をしていました。

ユニットバスの排水部分にはトラップがあり
排水管に一定量の水がある状態(封水)にして、臭いを防ぐ仕組みになっているのですが
このトラップ部分の水が、排水時になくなってしまい、ゴボゴボという大きな音になっていました。

排水管がつまっているわけではなく、水は問題なく流れていたので
原因がなかなか特定できませんでした。

排水管にカメラを入れてみて、「なにかある!」ということがわかり
取り出したところ、こんなものが出てきました。

P1040309_s

15cm以上もある針金のようなものが出てきました。鉄筋の材料のようです。
この錆び方からすると今回の浴室リフォームの物ではなく、
もっと前から(新築の時から?)排水管に引っかかっていたものと考えられます。
細いものですので、水の流れを遅くするようなことはなかったようです。

以前はこれがあってもゴボゴボ鳴らず、
リフォームしたらゴボゴボ鳴るようになった、というのは不思議ですが
水の流れはいろんな要因で変化するため、このようなことが起きたようです。

現場担当者:杉本