島田市内医院の新築工事では、基礎の立上り(土台が乗る高くなっている部分)のコンクリート打設を行いました。

P1190330_s

写真のように細い部分にコンクリートを流し込んでいきます。

この時、印をしてある高さより少し低くコンクリートを入れます。

 

コンクリートの水が引いてある程度硬くなってきたら、今度はレベラーといわれるものを表面に流していきます。

これは流動性があるので、流していくと水平になります。

この時、印をしてある高さまでレベラーを入れていきます。

P1190407_s

 

 

本日は、立上りのほかに、入り口になる風除室のコンクリート打設も行いました。

翌日は雨の予報なので、雨が当たらないようにシートをかけています。

(立ち上がりの部分にも)

P1190416_s

作業の終わり頃には暗くなってきたので照明をつけたところ、

お祭りで使うやぐらのような感じになりました

 

これで型枠を外せば基礎は完成です。

これからは上棟式に向けて大工さんの仕事が主になって行きます。

 

現場担当者:市川&青山和矢