現在、静岡市内の住宅で耐震のため瓦の葺き替え工事を行っています。

 

ちょっと調べると「屋根を変えるとこれだけ軽くなる!」というような資料がありますが、

実際にどのくらい軽くなるの?というのが気になる方もいらっしゃると思いますので、   新旧の瓦で比較してみました。

並べてみるとこんな感じです。上が新しいケイミューのROOGA(ルーガ)です。

下が、古い瓦(実際に使っていたもの)です。詳細は不明ですが三州瓦です。昭和53年頃のものです。私より年上です(^^;)

 

重ねてみるとこんな感じです。ROOGAは今までの瓦の2枚分より大きいです。

 

 

重量を測るとROOGAは3.2kgあります。カタログの通りです。

 

古い瓦は2.8kgあります。

 

1坪当たりで考えると、ROOGAは20枚で合計約64kg

古い瓦は53枚で合計約149kgと半分以下になります。

 

耐震補強をお考えで、屋根を葺き替えたいけど瓦の見た目は変えたくない!という方はROOGAを検討されてみてはいかがでしょうか。